膝痛はお風呂に入ると改善するといわれていますが、本当なのでしょうか? 結論からいうと、お風呂は膝痛にいいです。 お風呂に入ることで膝関節が柔軟になって、血液の流れが良くなります。 そうすると、痛みが軽減されるという訳です。 そのため、膝痛に悩まされている人は、入浴をした方がいいといえます。 ただ、その場合、注意点があるので、覚えておきましょう。 まず、浸かるお湯の温度ですが、少しぬるいと感じるくらいがちょうどいいです。 具体的にいうと、38度〜40度くらいがベストで、これ以上熱いと長時間入浴できないため、おすすめできません。 ぬるめのお湯なら長い時間入浴できますから、体の芯まで温めて血流を良くすることができるでしょう。 熱いお湯に入ると、すぐに体が温まるような印象が強いですが、実際は表面だけ温かくて体の内部はまだ冷えたままです。 ぬるめのお湯に30分前後浸かることによって、効果的に膝痛を改善できるので、試してみてはいかがでしょうか。 お風呂の中や入浴後にストレッチをすると、さらに効果的です。